フェアトレードって何?

フェアトレードとは、最近盛り上がりを見せている運動の1つで、コーヒーをはじめとする農作物や、繊維・衣料品等の「生産者」や「労働者」に対して、労働に見合った賃金を支払った商品を輸入する「こと」や「システム・運動」のことです。

 

FLO(fair trade labeling organization)によれば、フェアトレードラベル認証商品の市場規模だけでも全世界で年40%拡大しているといわれていて、この流れは今後更に加速することが予想されています。

 

一口にフェアトレードと言っても今お話ししたように扱う範囲が広いのが特徴です。

 

たとえばFLO やWFTO(※1)のように基準(※2)を満たした商品にラベル(それぞれフェアトレード・ラベルとFTOラベル)をつけることでフェアトレード自体の認知度を上げ たり、商品を選ぶ際の目印にするやり方。あるいは、直接お店の人が現地に行って「正当な対価を払って」買い付けるやり方。一般にこれらはどちらもフェアトレードと言うことが出来ます。

 

流通形態や規模など、同じ所が殆ど無いかもしれない両者ですが、継続的に取引することで「生産者が安心して、安定して生産できるようになること」を目指しているのは同じなのではないでしょうか?

 

生産者が安定して生産できる事は、結果的に消費者が品質の良い商品を手に入れることが出来ることにも繋がります。

 

国際貢献の形は星の数ほどありますがこのように生産者と消費者双方にメリットがあるのはフェアトレードの大きな特徴です。

参考文献

フェア・トレードを探しに 三浦史子著

注釈

※1:WFTO:World Fair Trade Organization

2009年4月より、IFAT(:International Federation for Alternative Trade)から改称しました。

 

※2:FLOのフェアトレードラベルの保証するもの
生産者への適正な価格と長期的な取引、生産者の社会的・経済的な発展etc。
詳細はFLJのウェブサイトを参照。
Fairtrade Label Japan
http://www.fairtrade-jp.org/index.html

関連リンク

フェアトレードはさまざまな製品があります。下記のページをご覧ください。

Cafaireのフェアトレードに対するスタンスは下記のページをご覧ください。