もっと知りたい方へ

参考文献などをカフェアメンバーがレビューしつつ、紹介します。

書籍

「おいしいコーヒーの経済論」

著者

辻村英之

 

出版社

太田出版

 

評論

日本ではあちこちの自動販売機にも売られている有名なコーヒーの銘柄、キリマンジャロ。味わい深いコクと香りが日本人の心を掴むと評判な一品。そう聞けば誰でも飲みたくなりますよね。喫茶店での優雅なひと時を提供するそんなコーヒー達が、どんな旅をして日本にやってきたか、どんな宿命や事実を道連れにしながらやってきたのかー。

考えたことはありますか?

この本はキリマンジャロコーヒー豆のタンザニアの生産農家の現状を経済的な視点から伝えるものです。豆の生産から流通経路における価格形成の在り方、農家へのリターンが非常に少ない現状などをストレートに伝えます。

おいしさの裏返しには苦い事実が隠されていることを教えられると同時に、フェアトレードへの実践を強く訴えてくる点は見逃せません